こころ

つらい経験をとおして、くそポジティブになれた

昨日、こんなツイートをしました。

たくさんの「いいね」「リツイート」を頂いたので、私がなぜ「くそポジティブ」になれたのか振り返ってみました。

大学受験に失敗し、体重10kg減

私は、高校生のときに進学校に通っていました。朝から晩まで勉強。夏休みには合宿で山奥で勉強していました。

なんの目標があったわけでもなく「志望校に合格すること」だけを目標に生きていました。そして、不合格。

このとき18歳の私は、人生で一番の挫折でした。毎日、吐くほど泣いて、ご飯も食べられなくなり、体重は10kg減。死ぬかと思いました(笑)

大学在学中、パニック障害でトイレで倒れる

私は、教育学部に通っていました。小学校、保育園、いろいろな場所に実習に行っていたのですが、次は障害者施設への実習というときに…。

実習初日の朝、緊張とプレッシャーから、トイレで倒れてしまいました。

実習は中止になり、私は病院へ。体に異常はなく、原因は「ストレス」でした。

その実習に行かないと、大学卒業時に保育士資格はもらえません。保育士資格を取るために頑張ってきた4年間がそこで終わりました…。

(その後、自力で保育士資格を取得しました)

大学卒業後、ニートになる

なんとか、大学を卒業したものの、パニック障害と社会不安障害を抱えた私は、外で働くことができず、ニートになりました。

田舎暮らしのニートは、本当に肩身が狭いです。

意地悪さん
意地悪さん
働いていないの?家でいつも何してるの?
意地悪さん
意地悪さん
どうせ親に養ってもらってるんでしょ?
意地悪さん
意地悪さん
将来どうするつもりなの?

どうせ、助けてもくれないくせに、おせっかいな人がたくさんいます。みんな「働いていない」ということに対して、すごい攻撃をしてくるのです。放っておいてくれよ。

意地悪さん
意地悪さん
ニートとは友達でいたくない

これはめちゃくちゃショックでした。ストレスで数日歩けなくなりました。この頃は、生きていることが本当につらかった。

結婚したが、3年で離婚 ストレスにやられる

そんな私を救ってくれるヒーロー登場!旦那です!正確には元旦那です!(笑)本当に元旦那には感謝しかありません。楽しい結婚生活をありがとう。私に結婚という幸せを教えてくれてありがとう。

さあ、結婚生活は置いておいて。3年後、離婚しました!

離婚には本当にパワーが必要だった…。離婚をしたときに、ストレスで不正出血が2週間も続きました。なぜか肋骨を骨折し、安静に過ごしていたところ、血栓症手前までいき

医者
医者
歩かないと死ぬよ

と言われました。

毎日、血が出過ぎて(不正出血で)貧血になるし、肋骨が痛くて動けないし。でも、動かないと死ぬと言われるし…。1カ月くらい、本気で体調の悪い日々が続きました。

つらいことがあっても、笑えている自分に気づいた!

こんな感じで、いろいろなつらいことを経験したのですが…ふとしたときに

Roco
Roco
あれ?あんなにつらいことがあったのに、私、今、笑ってる…?

と気づきました。

死にたくてベランダで過ごした夜もあった。

人の言葉に傷ついて、歩けなくなった日々もあった。

医者に「死ぬよ」なんて言われて、本当に死ぬんじゃないかと思う日もあった。

それなのに、生きてる。

ふとしたことで笑っていたんです。

テレビやYouTubeを見て笑った。誰かとしゃべって笑った。道にいた猫とじゃれあって笑った。

別に、大きな幸せがあったわけでもなく、ただ、日々の生活の中でちょこっと笑顔になれることがあったんです。

そのときに

Roco
Roco
つらいことがあっても、それはいつか過去のことになるんだ

と気づきました。だから、笑って生きることにしました。くそポジティブになることにしました。つらいこともネタにして、吹き飛ばすことにしました。

つらい過去はいつかネタになって、笑い飛ばせる日がくる

私は、まだパニック障害と社会不安障害を抱えています。

数年前はバスに乗れずにバス停で泣き崩れた私。バスに乗れないと死ぬんじゃないか、くらいの勢いで、自分に絶望して泣いていた私。

今は薬を飲んでバスに乗れます

だから

Roco
Roco
数年前はここで泣き崩れてたよね!あははー!バスに乗れなくたって死なないのにね!

なんて、笑って話しています。

肋骨を折って寝込み、血栓症手前になって死にかけていた日々も

Roco
Roco
離婚した日に肋骨折ったの!あそこまで不幸が続いたらもうなんでもできる気がしたよねー!あははー!

なんて、笑って話しています。

もし、今の私が

意地悪さん
意地悪さん
パニック障害の人とは友達でいたくない

なんて言われたとしたら

Roco
Roco
え!?そんなことを平気で口に出せるような人とは、私も友達でいたくない!

と言い返せる自信があります。

パニック障害や社会不安障害を持っていたって、バツイチだって、私は今とっても幸せです。

毎日、布団から出て、ごはんを食べて…、それだけでも幸せです。それすらできなかった日々もあったから、布団から出られることや、ごはんを食べられることがどれだけ幸せなことか、人よりもよく分かっています。

今、つらい日々を過ごしている方へ

今、つらい日々を過ごしている人も、絶対に大丈夫。

つらい経験をした人は、強い。それに、痛みを知っているから、優しい

つらかった日々は、いつかネタになります。私も、今、こうやってネタにして、ブログに書いているのだから。

このブログが、誰かの心の支えになりますように。

読んでいただき、ありがとうございました!