パニック障害

パニック障害を伝えるときに気をつけていること

今回は「パニック障害を伝えるときに気をつけていること」についてお話をします。

  • 苦手なことを明確に伝える
  • 発作が起きたときの対処法を伝える
  • 明るく伝える

それでは、一つずつお話ししていきます。

YouTubeでも同じ内容が見られます

苦手なことを明確に伝える

「パニック障害」と一言で言っても、人それぞれ、いろいろな症状があります。我が家は、親子揃ってパニック障害なのですが、親子でも、発作が起こる場面はまったく違います。

例えば「交通手段」

・私→車の運転は得意、バスに乗ることは苦手

・母→車の運転は苦手、バスに乗ることはできる

例えば「食事の場面」

・私→満腹で発作が起きやすい

・母→空腹で発作が起きやすい

このように、親子で、同じパニック障害を持っていても正反対の場面で発作が起きます。同じパニック障害を持っていてもこうなのだから、パニック障害を持っていない人に「パニック障害だ」と伝えても伝わるはずがありません。

だから、私は「苦手なことを明確に伝える」ということが大事だと思っています。

発作が起きたときの対処法を伝える

発作が起きたときに、どういう対応をしてほしいかというのも人それぞれだと思います。

私は、その場に座って、薬を飲んで深呼吸をします。そのときの状況にもよりますが、10~30分くらいで落ち着きます。人に、何かをして貰うという必要はありません。

だから、

「もし、発作が起きたら、座って薬を飲んで深呼吸をするから、発作が収まるのを待っていてほしい。何もしなくて大丈夫だよ。」

と伝えています。

明るく伝える

これはおまけみたいなものです。

あまり深刻に伝えると、相手も重く捉えてしまうし、一緒に出掛けるのがこわいと思われてしまうこともあります。

私自身、最初の頃は深刻に伝えていたのか「発作が起きたらどうしようって、こっちまでこわくなるよ」と言われたことがあります。

それからは、あまり深刻に伝えすぎず、なるべく、明るく伝えるようにしています。

まとめ

以上が、私が 「パニック障害を伝えるときに気をつけていること」でした。ぜひ参考にしてみてください。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!