フリーランス

フリーランスの私の一日の過ごし方【稼働時間・日給】

今回は、フリーランスの私の一日の過ごし方を紹介します。

日中のうちにお仕事をする

これが、私の一日です。

Excelで作る能力がなかったので、手描き。

私は、午前は9時から12時、午後は15時から18時、計6時間パソコンの前にいます。

以前は、一日中お仕事をしていることもあったのですが、集中力も続かないし、体への負担が大きかったので、午前と午後で3時間ずつ働くことにしました。

午前中に頭を使ったぶん、がっつりお昼寝をして、午後の3時間もすっきりとした頭でお仕事をします。

一日6時間労働で生きていけるの?

私は、一日6時間パソコンの前にいますが、仕事の稼働時間をメモしてみると、意外と働いていないことが分かりました…(笑)

6時間パソコンの前にいるといっても、気になることがあったら調べはじめたり、新しいご依頼がきてスケジュール調整をしたり…。

パソコンの前に座って、テープ起こしをしている時間だけを稼働時間として計算してみると、稼働時間と報酬は次のようになりました。

私の一日の平均稼働時間は4時間17分一日の平均報酬は12,574円でした。

短時間に集中してお仕事をすれば、お仕事のスピードも上がり、短い時間の中で、お金を頂くことができます。

私は、一日6時間以内の労働で過ごしています。

自由時間が多いぶん、たくさん学ぶことができる

夜の自由時間は、

  • ドラマを見る(趣味)
  • 妹としゃべる(遊び)
  • YouTubeを見る(学び)
  • 読書(学び)
  • Twitterでの情報収集(学び)

こんなふうに過ごしています。

フリーランスで働いていると、情報収集することもすごく大切だということに気づき、なるべく、たくさんの情報を得るようにしています。

いろいろな分野の情報に触れると、テープ起こしをする際にも役立ちます。

最後に

フリーランスになったばかりの頃は、お仕事に時間がかかったり、たくさんお仕事を引き受けすぎて大変なことになったり、いろいろありますが…。

ある程度、お仕事が安定してくると、必死に詰め込んで働かなくてもいい、余裕が出てきます。

せっかくフリーランスという働き方を選んだのなら、お仕事を頑張りながら、自分の自由な時間も大切にしたいですよね!

読んでいただき、ありがとうございました。