テープ起こし

大勢の中から選ばれし一人になるための応募メールとは

クラウドソーシングに登録しても「採用してもらえない」という声は、よく耳にします。私自身、クラウドワークスに登録したばかりの頃、いくら応募しても仕事を受注することができず、仕事に応募することが毎日の仕事になっていました…。

この記事では、クラウドワークスのテープ起こし案件に、私が初めて送った応募メールから、契約を結べるようになった応募メールまで、すべて公開します!

初めて送った応募メール、そして採用されない日々

私が初めて送ったメールはこちら!

(あっ。このときは主婦でした。バツイチです。そこは流しておきますね笑)
(テープ起こしの経験があると書いていますが、練習した経験しかない…。)

このようなメールを送っていました。今、見ると「自分のことを何もアピールできていないメール」だなと思います。

当たり前ですが、クラウドワークスでは、お互いの顔が見えません。私がお仕事を頼む立場だったら「信頼できる人(信頼できそうな人)」にお仕事を任せたい。

このときの私は、実績も経験もないのに、こんなにあっさりしたメールを送っていたのです…。

初めての契約は、応募をはじめて50日目!

長い長い日々でした…(笑)

テープ起こし・文字起こし・書き起こしの案件は、毎日のようにあったので、掲載される案件すべてに応募していました。

メールの内容なんて考えず「とにかく応募しまくれば、いつか採用してもらえるだろう」という考えだったのです…。

そして!初めて契約が取れたのは、応募をはじめて50日目! 

そのときのメールがこちら。

(「先ほども応募させていただいた」というのは、この方が2件募集されていたからです)

いや…、たまたまだ!

このときの募集は

  • 3分の動画の書き起こし
  • 翌日納品

という案件でした。

「翌日納品」ということで、「今からとりかかれる」「明日中に必ず納品する」というところがポイントでしょうか。

いや、たまたまでしょうか…(笑)

100人の戦いから、勝ち抜くためのメールとは?

今、クラウドワークスを開いてみました。そして、目についた案件がこちら。

募集人数1人に対して、応募した人が100人

クラウドワークスをやっている方は分かると思いますが、こんな案件がたくさんありますよね。私がテープ起こしに応募しているときもそうでした。

この競争を勝ち抜かないといけないのです。100人中の1人に選ばれなければテープ起こしができないのです…!

そして、実績もない、経験も浅い私は「メールで勝負するしかない!」と思ったのです。

そして、次に応募したメールがこちら。

(応募動機は、相手のお仕事の特定の内容が含まれているので隠させていただきました。映画関連の案件でした。)

長い…!!きっと画像で見ると文字が見えにくいでしょう…。

あとでまとめるので、ここでは読まなくても大丈夫です!!

私はこのメールで、81人中の1人に選ばれました!契約が取れました!

メールの効果抜群!契約がバンバン取れる日々スタート!

メールの重要性に気づいた私は、毎日、応募メールに力を入れました。

数撃ちゃ当たる作戦から、熱い思いを語る作戦に変更しました。

その結果…

「数撃ちゃ当たる作戦」50日目にして1案件

「熱い思いを語る作戦」1週間で3案件、2週間で8案件

契約を結ぶことができました!

当時の私が考えた、契約が取れるメール

私は、次のような構成で、メールを作成していました。

  • あいさつ
  • 応募動機
  • テープ起こしの経験・テープ起こしへの思い
  • お仕事に対する思い
  • 報酬について
  • 納期について
  • データの取り扱いについて
  • あいさつ

そして、お仕事に対する思いのところでは「プロクラウドワーカーになりたい」という思いを書いていました。

例えば…

◆お仕事に対する思い◆

現在、プロクラウドワーカーを目指して、実績を積みたいと思っています。在宅で働いていますが、テープ起こしのような応募人数の多いお仕事では、なかなか採用していただけない現状です。

だから、実績を積んで、プロクラウドワーカーになりたいと思っています。その実績を積むためにも、ぜひお仕事をお任せいただき、評価していただけないでしょうか。

そして、お役に立てたら、またお仕事をお任せいただけたら嬉しいです。

メールに力を入れるようになってから、契約を結べるようになり、実績をどんどん積み重ねることができました。

そして、この「お仕事に対する思い」の部分で言っているとおり「プロクラウドワーカー」に認定していただけました!

ぜひ自分なりの熱い思いを込めた応募メールを!

クラウドワークスでは、受注実績や、クライアントさんからの評価で、その人の実績を見ることができますが、クラウドワークスをはじめたばかりの頃は、それらが「ゼロ」です。

自分のことをアピールできるものは「応募メール」しかないのです。

だから、その応募メールに、自分の思いをしっかりと書いてみましょう!私は、メールを丁寧に書くことで、お仕事を頂けるようになりました。

3年半前にこのメールで契約を結び、現在まで続いているクライアントさんが何人もいます。

「自分が仕事をお願いする立場なら、どんな人にお願いしたいか」それを考えて、メールを作ってみるのも良いかもしれません。

自分をアピールできる、自分なりのメールを、皆さんも作ってみてくださいね。

読んでいただき、ありがとうございました!