いろいろ

専業主婦のモヤモヤ(あさイチを見て思うこと)

今日、あさイチで「専業主婦のモヤモヤ」について特集をしていました。それについて、いろいろと思うことがありました…。

私も専業主婦でした。(バツイチ。へへw)

専業主婦をしていると

  • 「毎日、何やってるの?」
  • 「暇でいいね」
  • 「なぜ働かないの?」
  • 「子どもがいないのに専業主婦?」
  • 「今日はお休み?あっ、働いていないのか」

と言われることがよくありました。そんなことを言われると、悔しいけれど、笑うしかなくて、いつも愛想笑いばかりしていました。

そして、外に出て、人に会うことも苦しくなってきました。

うしろめたい気持ちから、嘘ばかりつくように…

上に書いたような言葉ばかり言われるようになると、自分を守るために、どんどん嘘をつくようになりました。

― 美容院 ―

「今日はお仕事お休みですか?」

「お休みです。(専業主婦って言えない…)」

― 同級生に会ったとき ―

「今、何してるの?」

「専業主婦してるよ」

「え。子どもいないのに?暇でしょ?」

「あっ、でも、在宅ワークをしていて、昼間は家の中で働いているから…」

そのとき、在宅ワークの存在は知っていたけれど、やったことはありませんでした。

嘘をついて、その場だけを乗り切って、家に帰って罪悪感に襲われる…。そんな日々でした。

義母は、専業主婦のプロ

私の義母は、専業主婦のプロでした。結婚してから専業主婦一筋。

特に、料理。なんでも作ります。

  • 「どうしたらおいしくなるかな…」
  • 「栄養がたっぷり取れるように…」

と、いつも手の込んだ料理で、すべて手作りでした。夕ごはんのために、午前中から仕込みをしていることも多々…。

同じ専業主婦とはいえ「私には絶対真似できないな…。専業主婦のプロだ…。すごい…」と思いました。

仕事に対する力の入れ方

先日、コーヒーショップ(ドライブスルー)に行ったときのこと。

「こんにちは!今日は雨が降っちゃいましたね…」

「そうですね…。アイスコーヒーください」

「アイスコーヒーですね。(アイスコーヒーを入れながら)あったかい車の中で飲む冷たいコーヒーもおいしいですよね!アイスコーヒーです。気をつけていってらっしゃい!」

こんな会話をしました。

コーヒーショップの店員さんは

「いらっしゃいませ。アイスコーヒーです。ありがとうございました。」

それだけでも成り立つと思うんです。

でも、絶対に必要なお仕事(コーヒーを出すこと)にプラスして、お話をしてくれる、その対応が私は嬉しかったです。

生活の質が高くなる

主婦も同じだと思います。

お惣菜を買ってきて、食卓に並べるだけでも食事はできる。でも、家族の体調や栄養を考えて、手作りのごはんを作る。

掃除なんて、やらなくたって死にません!(笑) でも、掃除をして、きれいなお部屋で過ごせたら気持ちが良いです。

シーツや枕カバー。私、こまめに洗濯するのが苦手なんですよね…。正直、ずーっと洗わなくても何の問題もありません(笑)

でも、おうちにいると「洗濯しようかな!」と思い…。一人暮らしのときよりは、頻繁に洗濯をしていました。

手作りのごはんを作っても、きれいに掃除をしても、洗濯をしても、誰も褒めてくれません。

「専業主婦なんだから、やって当たり前でしょ?」と言われたりもします。

たしかに当たり前かもしれません。

でも、その当たり前のことを当たり前にやることがどれだけ大変か。そして、その当たり前のことにプラスして、生活の質は絶対に高まっています。

宅配便の業者さんは、宅配便を届けることがお仕事。でも「宅配便です!今日は寒いですね~」と一言あるだけでコミュニケーションが生まれて、気持ちよくやりとりができます。

タクシーの運転手さんは、目的地まで無事に送り届けることがお仕事。でも、観光客だということが分かると、おすすめスポットを教えてくれたり、お得な情報を教えてくれます。

それと同じように…

主婦は、ごはんを作って、掃除をして、洗濯をすることがお仕事。

でも、専業主婦になることによって

  • 手作りの料理が一品でも増えたり
  • 隅々まで掃除ができたり
  • 地域や学校の役員に力を入れたり

家族の生活の質が高められるのではないかと思います。

「おうちで働く=働いていない」という世間の目

私は今、フリーランスで、おうちで働いています。

そして思うことは…

世間は「おうちで働く=働いていない」という目で見てくる!!

いや、本当に…。おうちにいるだけで馬鹿にしてきます。ニートだと思われています。

  • 「家で仕事?どうせお小遣い程度でしょ」
  • 「親にお小遣いもらっているの?」
  • 「仕事紹介しようか?」

こんなことをよく言われます。

でも、私の性格上、専業主婦のときと同じように、愛想笑いをしてその場をやり過ごしています。

ただ、そのあと、家に帰って罪悪感に襲われることはありません。それは、自分のお仕事に自信があるからです。

「おうちで仕事ができる時代なのに知らないんだ」「余計なお世話だ、うるせえ!」と心の中で叫んでいます(笑)

専業主婦は立派なお仕事!!

私は専業主婦のときに、うしろめたい気持ちから

  • 「どうせ専業主婦だから…」
  • 「暇な時間はいっぱいあるから…」

自虐のように言ってしまうことがありました。そんなことを言ってしまうから、なおさら、専業主婦を馬鹿にするような言葉を言われていたのだと思います…。

専業主婦は立派なお仕事です!自信を持って、胸を張って生きられたら、周りからの嫌な言葉も吹き飛ばせただろうに…。

とは言え、それができないから、苦しいんですよね…。

周りの人が、専業主婦のお仕事について理解があれば、理解をしてくれたら、一番良いのですが…。周りの人を変えることは難しい。

だから「専業主婦は立派なお仕事だ!」と専業主婦が胸を張って生きられたら良いなあ。

働いている人も、働いていない人も、会社で働いている人も、専業主婦も、フリーランスも、学生も、夢に向かって頑張っている人も、病気や何かと戦っている人も…、みんな生きているだけですごい。

だから、お互いが、お互いのことを尊重し合って生きていけたらいいのになあ。

読んでくださり、ありがとうございました。