こころ

抗うつ剤・抗不安薬の副作用 -本当にこわいの?-

今回は、薬についてのお話です。

  • 私が服用している薬について
  • 私が経験した抗うつ剤の副作用について

についてお話しします。

私は薬に対する知識があるわけではありません。医療の観点からお伝えするものではなく、あくまでも「私自身の経験談」です。ご了承ください。

私が服用している抗うつ剤・抗不安薬

私が今、飲んでいる薬は

  • パキシル(抗うつ剤) ⇒ 毎日服用
  • ロラゼパム(抗不安薬) ⇒ 頓服(不安時)

です。

薬の副作用は?副作用ってこわいの?

インターネットで「パニック障害 薬」と検索をすると副作用に関する不安の声が多く見られます。

私は、パキシルを飲みはじめた頃「めまい」がありました。でも、私自身は、薬を飲んで、めまいがしたことに対して「こわい」と思ったことはありませんでした

そもそも、パニック障害になってから、普段からめまいがしたり、体が重かったり、体調が悪かったため、薬の副作用でめまいが起こっても

「この薬を飲んでいればきっと治る!」

「薬を飲んだあとは大人しく寝ていれば大丈夫」

と信じて、先生の指導のとおり、薬を飲んでいました。

毎日、夕飯後に1錠飲んでいたので「パキシルを飲んだあとは何もしない!」と決めて、1日のやるべきことをすべて終えてから薬を飲んで、すぐに布団に入って横になって「めまい対策」をしていました。

今は、パキシルを飲みはじめて7年半経ちますが副作用もなく、体調も安定しています。

薬を過度にこわがる必要はないのでは?

今回は、私が経験した副作用についてお話ししました。

私は「薬を飲んだら良いよ!」とか「薬はやめたほうが良いよ!」とか、どちらかを勧めているわけではありません!

ただ、副作用がこわくて薬を飲むことを躊躇している人がいたら「過度にこわがる必要はないのでは?」とお伝えしたいと思い、私自身の経験談を書かせていただきました。

もちろん、薬を飲まずに元気になれるのなら、それに越したことはありませんが、今の自分に薬が必要ならば、飲むのも一つの選択肢だと思います。先生の指導のもと、正しく服用しましょう。