こころ

食事の場がこわくて葛藤した私の一日

先日、小学生の頃の同級生から、飲み会に誘われました。

私は現在28歳。成人式のあとに集まった以来だったので「行きたい!」と思ったのですが、会食恐怖症なので食事の場がこわい!

とはいえ「行きたい」という気持ちがあったので、行くことにしました。

化粧品がない…!買いに行こう!

私は、普段、メイクをしません(笑)

フリーランスで家の中で働いているし、外出も苦手だからメイクをする必要がありません。でも、さすがに、久しぶりに同級生に会うのにすっぴんで行くわけにはいきません

「下地、ファンデーション、マスカラ…」と全部メモを書き、いざドラッグストアへ。

そもそも、私は買い物も苦手だ!もう、何を選んだら良いか分からないので、直感で、必要なものだけ、パパパッと。10分で買い物終了。

お腹を下しながらも、メイクをして、着替え完了

やっぱり「食事の場がこわい…」という思いから、お腹を下しました。いつものこと。

トイレ、メイク、トイレ、メイク、トイレ…。本当に大変!

なんとか、メイク完了。着替えをして、いざ出発。

車で飲み会の居酒屋へ向かう

パニック障害を持っていて、車の運転が苦手だという人も多いと思いますが、私は、車は大丈夫。

車に乗って居酒屋へ。向かっている途中から、手の震えが止まらなくなりました。(もちろん、運転に支障はない程度のものです)

一旦、コンビニに車を停め、頓服薬を飲みました。(震えよ、収まれ…!)

運転を再開し、居酒屋の駐車場へ到着。

やっぱり、こわい。車から降りて、外の空気を吸ってみたけど、やっぱりこわい

一度、離れよう!ツタヤへ

「そうだ!一度、ここを離れよう」と思いました。

近くにツタヤがあったので、ツタヤへ。本屋さんをふらっと一周まわり、気を紛らわせました。

「よし。行ける!」もう一度、居酒屋へ

駐車場到着。発作!

はい。駄目でした。

やっぱり、駐車場についたら、発作が起こりました。冷や汗が止まらず、手足が震え、息が苦しくなりました。

さっき、頓服薬を飲んでしまったので、もう飲めません。ああ…、終わった。帰ろう!

帰宅。

悔しかった。号泣。こんなこと、もう慣れっこなのに、何度起こっても悔しい。

「今までの私」と「この日の私」は明らかに違う

冷静になってから考えて見ました。

今までの私は…

  • 飲み会なんて眼中にない
  • 「行く」という選択肢はない
  • 「行きたくない」から「断る」

それが今回の私は

  • 飲み会に行きたいと思った
  • 「行く」と決断した
  • メイクをして出かけた
  • 居酒屋の前までは行けた

こうやって考えたら、すごいと思うの!成長したと思うの!(と自分で褒める)

だって、一日中、飲み会のことだけ考えて、戦ったんだもん。私は、頑張った。頑張ったんだよ。

次に飲み会があったら…

もし、また飲み会に誘ってもらったら、今度は

「ちょっと時間がないから顔だけ出しに来たよ~!」って、居酒屋の中まで入って、あいさつだけできたらいいな

欲張りは言わない。飲み会に参加はしない。とりあえず、顔だけ出せたら良いな。