こころ

飲み会に誘われたときの返事の仕方(断り方・乗り切り方)

先日「約束していた飲み会に行けなかった」という内容の記事を書きました。

それに対して「行けないことをどんなふうに連絡したか」という質問をいただきました。

前もって「自分はこういう人間です」と伝えておく

まず、私は、パニック障害・社会不安障害を持っていることを周りの人に伝えています。

ただ、「パニック障害です」「社会不安障害です」「会食恐怖症です」と伝えても、伝わらないですよね。

だから、私は

Roco
Roco
会食恐怖症です。人と一緒に食事をすることがこわくて、食事の場で貧血のような状態になってしまうことがあります。

と、できるだけ分かりやすく自分の症状を伝えるようにしています。

理解はしてもらえないかもしれません。

でも「そういう症状があるんだなあ」と知ってもらうことはできます

そして、私は

Roco
Roco
行きたい気持ちはあるんだけど、こわくてお店に入れないかもしれません。行けたら参加させてください。

くらい、ふわっとした返事をします(笑)

飲み放題などで、しっかりとした人数を予約しなければならない場合は、ふわっとした返事はできません…。

参加したいときは「行けなくてもお金をだけは払ってくる」という気持ちで「参加」にします。(私は、基本的に、そういうお誘いはプレッシャーなので断る…)

実際に、約束したけど行けなかった…!

約束したけど行けなかった場合。自分の症状は前もって伝えてあるので

Roco
Roco
ごめんなさい。発作を起こしました。参加できません。

と正直に伝えます。

前もって、自分の症状を伝えられない場合は…

とは言え、自分の症状を人に言いたくない・言えないという人もいると思います。

噓も方便!時と場合によって、嘘が必要なときもあります!嘘ついちゃいましょう!

例えば…

◆行けるか行けないか不安だ…◆

「仕事の関係で間に合うか分からない…。行けたら行きます!」

◆行けるけど長時間はきついな…◆

「○時に○○があるから早めに抜けます!」

(明確な時間を提示して、元気なうちに帰る!)

私は、こんな感じでいつも乗り切っていました。

そして、もしも具合が悪くなったときは

  • 風邪気味だったから
  • 寝不足だったから
  • 生理だから

もう、なんでも良いから理由をつけて帰りましょう

症状を明確に伝えることで分かってくれる人も多い

私は、パニック障害・社会不安障害になってから、約7年経ちますが、偏見を持って縁を切られた人もいます。

でも、たぶん、あのときの私は

Roco
Roco
パニック障害です。行けません。すいません…

みたいな感じだったと思います。自分の態度もきっと悪かったひたすらネガティブだった

縁を切られたことを機に開き直りました!

今は「パニック障害・社会不安障害」だということを誰にでも話します

Roco
Roco
人と食事するのがこわくてお店に入れないかも…!
知人
知人
コンビニか、ドライブスルーはどう?

とか

Roco
Roco
人混みは発作が起きそうでこわいから… !
知人
知人
行く場所変えよう!どこなら行ける?

とか。

「できないこと」を「明確に」伝えれば、相手も分かってくれるということに気づきました。

最後に

パニック障害の私にとっては「約束」というものがすごくプレッシャーだし、会食恐怖症の私にとっては「食事の場」がすごくプレッシャーです。

相手に伝えられるなら伝える。伝えられないなら上手に理由をつくる。それぞれのやり方で、うまーく乗り切っていきましょう。